掲載:2019.3.1

野口英世よこはま顕彰会

「長浜検疫所1号停留所文化財登録記念

および顕彰会創設20周年記念講演会」

(協会共催)

平成30年12月12日(水)、NPO法人野口英世よこはま顕彰会では金沢公会堂に68名の受講者を集めて講演会を開催した。第1部では横浜検疫所参与(前所長)の木村博承氏が「野口英世が活躍した時代の国内外の感染症状況と長浜検疫所の役割」、第2部では野口英世研究家の中村澄夫氏が「若き日の野口英世~東京時代・長浜検疫所時代を中心にして~」と題した講演を行った。また、12月9日(日)~15日(土)の間、金沢区民ギャラリーでパネル展を開催した。講演を補完するとともに、顕彰会の20年の活動を振り返る内容で、連日多くの見学者が来場した。


横浜検疫所参与(前所長)の木村博承氏の講演

野口英世研究家の中村澄夫氏の講演


金沢区民ギャラリーでパネル展